カテゴリー:国際の記事一覧

路傍の草の独りごと

カオスな巷を散歩しながら呟いてます

カテゴリー:国際

大隅良典(おおすみよしのり)氏の生立ちや性格!髭を生やしたのは?

大隅良典(おおすみよしのり)氏の生立ちや性格!髭を生やしたのは?

 

2016年ノーベル医学・生理学賞が発表になり、東京工業大学栄誉教授
大隅良典(おおすみよしのり)氏が、「オートファジー」の仕組みを解明
した事により、日本人で4人目のノーベル賞受賞を果たしました。
日本人のノーベル賞受賞は3年連続で、アメリカ国籍の方も含めて25人目。

 

大隅良典教授の生立ち性格
を生やした時期はいつなのかも調査。

 


スポンサードリンク

 

大隅良典氏の生立ちや性格

 

生立ち

大隅良典氏は1945年2月、福岡県福岡市にて生まれました。

 

父は九州大学の工学部で教授を務めており、四人兄弟の末子として生まれた。
幼いころから、兄に贈られた自然科学の本に親しんだ。

 

特に八杉龍一の『生きものの歴史』、マイケル・ファラデーの『ろうそくの科学』、
三宅泰雄の『空気の発見』などに心を動かされ、科学に興味を持った。
とあります。

 

やはり、お父さんの影響は大きい様です。
身近にこんな科学雑誌がある環境で育っている方なのですね。

 

福岡県立福岡高等学校を卒業後、上京し、東京大学の理科二類に進学。
すでにこの頃には科学者を目指していたのかもしれませんね。

 

当初は理学部で化学を学ぼうと考えていたが、教養学部に新設された
基礎科学科に興味を持ち、そちらに進む。

 

1967年に東京大学を卒業し、学士の称号を取得した。
そのまま東京大学の大学院に進学し、理学系研究科にて学んだ。

 

蛋白質の生合成についての研究に魅力を感じ、今堀和友氏(生化学者で、
東京大学名誉教授)の下で指導を受けた。
京都大学の大学院でも内地留学して学んでいる。

 

東京大学の大学院を単位取得満期退学した。
その後、1974年東京大学より理学博士の学位を取得
(Wikipediaより引用・抜粋)

 


スポンサードリンク

 

性格は

 

大隅教授の性格を表す、話しがあります。
「どんな姿勢で研究に打ち込んできたか」という質問に

「私はへそ曲がりな性格なので、人のやらないことをやりたかった。
人が集まる研究は、一番乗りの争いになりがちで、私は競争に興味がない。
オートファジーを選んだのも、興味を持つ人が少なかったからだ」 

「感受性が弱いのか、私は常に悩まず、くよくよ思わず、なんとかなる
だろうと考える。
そういう精神的な余裕がサイエンスには大事なのだろうと思う」

(産経ニュースより引用・抜粋)

 

と言ってますが、かと言って気難しい人ではない様です。

 

友人や共に研究をしている、後輩や学生のインタビューを見ても
先生に怒られている学生を見たこともないし、いつもニコニコしていて、
顕微鏡を覗きこむ事を楽しんでいるようです。

 

と答えています。
穏やかな性格の方のようですね。

 

髭を生やしたのはいつ頃?

 

トレードマークになっている、ロマンスグレーの頭髪から続く白い髭は、
いつ頃から生やしているのか気になって調べてみました。

 

トレードマークの髭はアメリカ合衆国に留学したころから伸ばし始めた

(Wikipediaより引用・抜粋)
という記述がありました。
という事は、恩師の今堀和友教授の紹介でジェラルド・モーリス・エデルマンの
研究室に留学した頃、ロックフェラー大学の博士研究員となった頃のようです。
1974年という事ですから、29歳の頃の様です。

 

若くして髭を蓄えたのには、何かわけがありそうですが、そこまでは掴めていません。
そのうち報道が進むにつれて、判明してくると思います。
分りしだい記載したいと思います。

 

【関連記事】大隅良典(おおすみよしのり)教授の解明したオートファジーとは?

 


スポンサードリンク

大隅良典(おおすみよしのり)教授の解明したオートファジーとは?

大隅良典(おおすみよしのり)教授の解明したオートファジーとは?

 

東京工業大学栄誉教授大隅良典(おおすみよしのり)さん(71歳)が
ノーベル医学・生理学賞の受賞が決定しました。

 

日本人のノーベル賞受賞は3年連続、アメリカ国籍を取得した人を含めて25人目
医学・生理学賞の受賞は去年の大村智さんに続き4人目。
大隅良典教授の解明したオートファジーとは、どのようなものなのでしょうか。

 


スポンサードリンク

 

大隅良典東京工業大学栄誉教授の略歴

 

1945年 – 福岡県福岡市馬出にて誕生。
1957年 – 福岡市立馬出小学校卒業。
1960年 – 福岡市立福岡中学校卒業。
1963年 – 福岡県立福岡高等学校卒業。
1967年 – 東京大学教養学部卒業。
1972年 – 東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学。
1974年 – ロックフェラー大学博士研究員。
1977年 – 東京大学理学部助手。
1986年 – 東京大学理学部講師。
1988年 – 東京大学教養学部助教授。
1996年 – 基礎生物学研究所教授。
2004年 – 総合研究大学院大学生命科学研究科教授。
2009年 – 基礎生物学研究所名誉教授。
2009年 – 総合研究大学院大学名誉教授。
2009年 – 東京工業大学統合研究院特任教授。
2014年 – 東京工業大学栄誉教授。
2015年 – 文化功労者選出。
2016年 – ノーベル生理学・医学賞受賞。

Wikipediaより引用

 

また、多くの受賞もされている方です。

2005年 – 藤原賞
2006年 – 日本学士院賞
2007年 – 日本植物学会学術賞
2008年 – 朝日賞
2012年 – 京都賞基礎科学部門
2013年 – トムソン・ロイター引用栄誉賞『オートファジーの分子メカニズムおよび
生理学的機能の解明』
2015年 – ガードナー国際賞
2015年 – 国際生物学賞
2015年 – 慶應医学賞
2015年 – ローゼンスティール賞
2016年 – ワイリー賞
2016年 – Paul Janssen Award

Wikipediaより引用

 


スポンサードリンク

 

オートファジーとは

 
%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b8%e3%83%bc
(朝日新聞デジタルより引用)
 

オートファジーといっても、そのメカニズムの違いから
(1)マクロオートファジー
(2)ミクロオートファジー
(3)シャペロン介在性オートファジー

 

の3つに分けられる。
単にオートファジーといった場合は、普通マクロオートファジーのことを指す。
との事。

(Wikipediaより引用)

 

オートファジー (Autophagy) とは、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を
分解するための仕組みの一つ。
自食(じしょく)とも呼ばれる。

 

オートファジーとは、細胞内の一部を分解してリサイクルする仕組みで、

主に外部から十分な栄養をとれないときに起こる。

細胞内をきれいにする浄化作用や、病原菌を分解する免疫などの役割も

担っていることが分かってきた。

酵母のような単細胞生物から哺乳類まですべての真核生物がオートファジーの

機能を持っている。

オートファジーはまず細胞内に膜が現れることで始まる。

その膜がたんぱく質やミトコンドリアなどの小器官を取り囲み、分解酵素を

含んでいる別の小器官「リソソーム」と融合する。

すると、取り囲まれたたんぱく質は分解されてアミノ酸となり、栄養素として

再利用される。

(朝日新聞デジタルより引用)

 

果たして、私管理人にはチンプンカンプンで分かりません。
すみません。
解かりやすく、かいつまんで話すと・・・・なんて、簡単には言えません。

 

それにしても、日本人で医学・生理学賞の受賞は、まだ記憶にも新しい、
北里大学特別栄誉教授の大村智氏に続き4人目です。
しかも、日本人のノーベル賞受賞は3年連続という快挙。

 

ノーベル賞級の優秀な科学者は多いと言われながら、なかなか受賞まで
至らなかった過去から、いよいよその功績が国際的に認められ始めたの
かなと感ぜずにいられません。
改めて日本人の素晴らしさに感心させられます。

 

他にも国際的に有名で、受賞候補に挙がりながら受賞できないでいる方も
相当数いる様です。
後継の若い科学者のためにも、その成果が早く認められノーベル賞受賞の
喜びを勝ち取ってもらいたいと願わずにはいられませんね。

 

【関連記事】大隅良典(おおすみよしのり)氏の生立ちや性格!髭を生やしたのは?

 


スポンサードリンク

ウィリアムシュナイダーは何者?古川夏好さんとの関係や画像も調査

古川夏好(こがわなつみ)さんが悲しい姿で発見された件で、
カナダ連邦警察は、古川さんと一緒にいるところが
監視カメラに写っていたウィリアム・ビクター・シュナイダー
という人物を特定した。

ウィリアムシュナイダーは何者?
古川夏好さんとの関係や画像も調査。

 

古川さんのこれまでの経過

 

時事通信の記事によると、留学を手配した現地代理店代表の男性からの
話しとして、載せている。

それによると、

古川さんは英語を学ぶため5月にカナダに渡り、約3カ月間語学学校に通った。
フェイスブックによると「英語力は中~上級」だったといい、最近は滞在資格を、
働きながら学べるワーキングホリデーに切り替えるため独学で学んでいた。
図書館で勉強したり、友人を増やしたりするなど英語を使う機会を増やそうと
努力していたという。

また、古川さんの人となりについては、

「とても前向きで明るく、いろいろなことに興味を持ち、行動力にあふれていた」

という事ですが、この旺盛な行動力と、英語を使う機会を増やすために友人を
増やそうとしていた努力が、彼女にとって逆な方向へ作用してしまったのならば、
あまりにも不運で、残念だというしかない気がするのです。

こんな一生懸命に努力している人が、こんな目に遇うなんてとても悲しいことです。

英語をはじめ語学を海外に行って、現地で居住しながら勉強したいと思っている
人達は増々多くなって行くと思えるのですが、こんな事件がある度に、いつも
もっと安全な形を取れないものなのかと、つくずく考えさせられてしまいます。

日本人は安全な国に住んでいるから平和ボケしているため、海外も同じ様に
安全なのだと勘違いしている人が多く、その分、危険な場面と遭遇しやすいと
聞いたことがあります。

今回の古川さんの場合は、どうだったのか分かりませんが、一旦こういう事が
起きてしまうと取り返しのつかない事態になるのだと、肝に命じて行動すべき
なのでしょうね。

それにしても、古川さんが行方不明になった8日、古川さんと一緒にいる姿が
市内の監視カメラに写っていた、住所不定のウィリアム・ビクター・シュナイダー
とはどういう人物なのか。

捜査が進むにつれて、その人物像が明確になって来ることでしょう。
その情報を待ちたいと思います。

 


スポンサードリンク

 

ウィリアム・ビクター・シュナイダーは何者なのか

 

公共放送CBC(電子版)によると、
シュナイダーは過去に良くない行動をし、訴追されているとの事。

また、テレビの報道でも本人と小学校から一緒だったという同級生の話として、

「いつも彼に周りの同級生達はいじめられていた」。
また、彼を知る仲間達は、「いつも彼は問題を抱えていた」、
今回の事を聞いても、へえーと別に驚かないと話している。
昔から、人をいじめる事に喜びを覚えている人間だった、
特に女性をいじめる事が大好きだった。

 

と話している事からしても、子供の頃から超問題児だった様です。
現地では昔からトラブルメーカーとして有名だったとか。

この様な、ウィリアム・ビクター・シュナイダーと古川夏好さんは
どこで、どうやって知り合ったのか・・・・
二人は、どういう関係だったのか・・・

一部の報道の報道では、英会話の交流サイト(SNS)で知り合った
のではないかといわれている様です。

詳細が徐々に分かってきてますが、不明なところが多い状況です。

今後の捜査の発表を待ちたいと思います。


スポンサードリンク

ツールバーへスキップ