池田産業(ベロ毒素入り白菜漬け)と販売スーパーの場所は?症状も!

 

池田産業(大分県中津市)が製造した白菜漬け
腸管出血性大腸菌ベロ毒素が検出されたとして
関連商品の2500点を自主回収しているとの事。

 

池田産業と販売したスーパーの場所はどこか?
地図画像と、ベロ毒素に罹患した時の症状
調査します。

 


スポンサードリンク

 

 

ベロ毒素とは

 

◆名前の由来
ごくわずかな量で、実験に使われる培養細胞のベロ細胞
(アフリカミドリザルの腎臓の細胞)を殺してしまうことから、
「ベロ毒素」と名付けられました。◆作用
ベロ毒素は細胞のタンパク質の合成を止め、細胞を死に至らしめます。
ベロ毒素は、とくに、腎臓、脳、肺などに障害を起こします。

 

◆ベロ毒素の種類
ベロ毒素には、1型と2型があります。
1型は赤痢菌がつくる「志賀毒素」と同じ毒素で、2型は1型より
強い毒性を持つ毒素です。
O157には、1型毒素のみ作るものと1型と2型の両方を作るものとがある。
医療と健康[日本医師会ホームページ]より引用・抜粋

 

O157感染症の症状

 

◆下痢、腹痛
感染者の約半数は、4~8日の潜伏期間ののちに、激しい腹痛を伴った
水様便(水っぽい下痢)が頻回に起こり、まもなく血便(血液の混じった下痢)が出ます。
成人では感染しても、無症状だったり、軽い下痢で終わることが少なくありません。
しかし、その場合でも便には菌が混じって排泄されていますので、家族に感染を
広げないよう十分な注意が必要です。 

◆発熱
発熱があっても一過性で、高熱になることはあまりありません。
医療と健康[日本医師会ホームページ]より引用・抜粋

 

池田産業について

 
池田産業のホームページ→http://www.d-b.ne.jp/ikeda-co/ikd_top.html

 

 

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e7%94%a3%e6%a5%ad
 

%e6%b1%a0%e7%94%b0%e7%94%a3%e6%a5%ad
 


スポンサードリンク

 

会社の概要を見ると
・創 業 :大正11年
・資本金 :2000万円
・所在地 :大分県中津市大字鍋島846
・従業員数:22名
・業務内容:各種漬物・佃煮の製造販売及び杵つき餅の製造販売

 

創業は古いですが、従業員数は22名です。
大きければいいというものではないですが、
先代からコツコツと営業してきたのでしょうか。

 

ホームページの作業風景を見ても、年配の女性が多いようです。
漬物の製造は、臭いも結構あって、若い人には人気がないのでは
ないでしょうか。

 

私管理人も地元の梅干し工場を見学したことがありますが、
その匂いたるものには、まいった事がありました。
また、衛生管理は大丈夫なんだろうか・・・と
心配した事を覚えています。

 

後に、そこで働いたことのある男性に聞いてビックリ。
衛生対策はゼロに等しく、工場内には、かえるや蛇が
度々顔を見せ、臭いが酷くて、吐き気を催すとか。
聞いてるだけで、気持ちが悪くなったのを思い出しました。

 

この池田産業はそんなことはないとは思いますが・・・
食べ物を取り扱う会社である以上、特に漬物などは
特に気をつけて製造して貰いたいものです。

 

販売したスーパーの場所

 

ネット上も調べてみましたが、掴むことはできませんでした。
後報を待ちたいと思います。

 


スポンサードリンク