吉川プリアンカさんのプロフィールや経歴は?出身高校と画像も!

ミス・ワールド2016の日本代表に、東京都出身の通訳で、日本人と
インド人のハーフの吉川プリアンカさん(22歳)がグランプリを獲得
みごと栄冠を勝ち取りました。

 

吉川プリアンカさんって、どんな方なのでしょうか。
吉川プリアンカさんのプロフィールや経歴は?
出身高校と画像も調べてみました。

 


スポンサードリンク

 

プロフィールや経歴

 
本名      :吉川 プリアンカ(Priyanka Yoshikawa)
生年月日  :1994年1月20日
年齢    :22歳
星座    :みずがめ座
干支    :戌年
血液型   :B型
出身地   :東京都東久留米市
身長    :176cm
3サイズ :B80・W62・H90
靴サイズ :26.5cm
職種    :タレント・俳優・女優・モデル・通訳
語学    :英語(英語検定2級)・ベンガル語・日本語
資格    :アートセラピスト、像使い、普通運転免許、
趣味特技他 :日本語、英語(英語検定2級)、ベンガル語、アートセラピスト、通訳

像使い、普通運転免許、キックボクシング、1人旅、読書、絵、
 
以上のなかで、気を引くのは、趣味特技ですね。
あまり日本では聞かない像使い

 

こんな事ができるんですね。
ビックリしました。
 
さすがインドに住んでいた事もあり、お父さんの影響もある
のでしょうね。

 

他にもキックボクシングもやっているとか。
適度な筋肉もついて、バランスのついた体作りに貢献している
のかも知れませんね。
 
今までの方たちとは、ちょっと雰囲気が違う感じがします。
審査員の方々の好みが変わってきたのでしょうか・・・
 
なんとなく感じているのですが、優勝者になる方はギスギスに痩せている
わけでもなく、均整のとれた健康的な容姿の様です。
 
どこか優しい感じがする方が多いと管理人は感じているのですが・・
果たしてどうなのでしょうか。
 


スポンサードリンク

 

出身高校と画像

 
吉川プリアンカ
 
出身高校は不明でした。
 
 
吉川プリアンカさんは、インド人の父親と日本人の母親とから生まれたハーフ。
その国際感覚からの思いを綴ったミス・ワールド・ジャパンのホームページに、
彼女のミスワールドジャパンを目指した理由がPRとして、掲載されてましたので
ご紹介しておきます。
 

私は、幼少期から海外へ行く機会が多くあり、9歳の時にインドに一年間住んでいました。
インドは貧富の差が激しい国です。身をもって、貧困を目の当たりにしました。
その時から、自分には何かできることがないかと考え、支援物資と寄付活動を続けてきました。
世の中で本当に何が起きているか、知らないことは怖いです。
今世界は危機と変化の中にあると感じます。今この瞬間にも悲しいことが多々起きています。
あまり多くが報道されないからこそ、私は情報をたくさん発信していき、活動プロジェクトを立ち上げていきたいです。
特に、将来を担う子供達を応援したいので、チルドレンホームを作りたいと思っています。
そのためにも、私は世界に認められるミスワールドジャパン代表を目指します。
日本には、素晴らしい技術がたくさんあります。その中でも、日本の医療は高い水準のあります。
しかし、日本人はコミュニケーション能力が弱いと言われています。私の強みは、伝えることです。
現在ボランティアの一つとして、医療通訳をしています。
その経験を生かして、日本と世界を繋げ、医療が十分に行き届いていない国々に安全な医療を届けていきたいです。

 

「天は二物を与えず」なんて言いますが、最近はそれはウソじゃないかと
思わされる事が多いです。
 
この吉川プリアンカさんもミスワールドジャパン代表を勝ち取る美人でありながら、
こんな崇高な目標や目的をもって活動しているなんて感心します。
しっかり二物をもらってますね。
 
美人を武器に、芸能界に進出してひと稼ぎしてやろう・・・なんて
不純な、低俗な動機ではないのですね。
失礼しました。
 
受賞の動画を載せて於きますので、良かったら観て下さい。
 

 


スポンサードリンク