発生は19日午前4時10分ごろのようです。

大阪府門真市の大工、川上幸伸さん宅に門真市北岸和田の

定時制高校生、小林裕真が1階の室内に入り、一家4人に

害を加え、幸伸さんが亡くなってしまいました。
子供達は軽傷との事。

 

小林裕真川上幸伸さんの関係は?住居兼居酒屋場所も調査。

 
 

報道内容について

 

大阪府警によると、2階で寝ていた長女が突然、「おまえ誰や」という
父の叫び声を聞いた。2階にある川上さんの寝室で事件を目撃した長女は、
「知らない男が父親に馬乗りになっていた」と説明したという。
その後、長男(15)が暴れる小林裕真(ゆうま)を床に押さえ込んだ。
小林は逃げようとせず、府警門真署員が駆け付けた際、
2階廊下でうずくまるように座っていたという。長男は近くで倒れていた。
中略
「(自分が)やったのだろうが、はっきり覚えていない」と供述。
川上さんら4人とは面識がないとみられる。
さらに小林は「だまされた」と叫んでいたとの事。
中略
小林裕真は約700メートル離れた住居兼居酒屋で母親と弟との3人暮らし。
「精神疾患で通院歴がある」と母親は府警に話しているという。
(毎日新聞)(読売新聞)より引用・抜粋

 

小林裕真と川上幸伸さんの関係

 

「おまえ誰や」という父が叫んでいたということからも
どちらも面識がないということがわかりますね。

 

川上さんを知る近所の方の話しでは、
「すごく優しく、親しみやすい人だった。
他人から恨まれるような人ではない」
「やさしそうな人だったのに」ということです。

 


スポンサードリンク

 

それと、小林裕真の母親の話では「精神疾患で通院歴がある」と
語っているとか。

全くどちらも関係がないのに、この様な事になってしまうなんて、
信じられないですね。
怖いですね。

ある日突然、こんなことが起きてしまうのです。
病める現代社会のカオスを感じます。

 

小林の住居兼居酒屋は

 

%e7%8f%be%e5%a0%b41
毎日新聞・Yahoo!ニュースより引用・抜粋

 

川上さん宅と小林の住居兼居酒屋は約700メートルしか離れていない。
前々から襲おうと思っていれば、通りすがりを装って、日頃から簡単に
探れるし、どこから侵入しようかと見定めることも、容易にできるかも
しれませんね。

 

その後(19日)の報道では、自宅から、チェーンソーや
のこぎり、なども発見されていた。

 

襲われた川上幸伸さんの体には約30か所も傷があったという。

 

それでいて、「私がやったのは状況的に間違いありませんが、
はっきり覚えていません」という供述をしているという事は、
どうなっているのでしょうか。

 

しかも、意味不明な言動も繰り返しているという事ですから、
不可解な事件です。

 

連日、テレビのニュースバラエティーでも、取り上げられ、
動機の不可解さが話題の中心になっているようです。

 

住所がはっきりしないため、その画像を特定できておりません。
もう少し情報を待ちたいと思います。

 


スポンサードリンク