朴鐘顕(ぱくちょんひょん)と妻の佳菜子さんとの仲は?自宅場所も

 

講談社の編集次長で、朴鐘顕(ぱくちょんひょん)の妻の
佳菜子さんが自宅で亡くなった件で、捜査上から夫の仕業
であるとの事で、逮捕されました。
9日の午前2時50分頃ですから、夜中の出来事です。
夫は「帰宅後、妻と会話をした」と言ってます・・

 

朴鐘顕と妻の佳菜子さんとのは?
自宅場所も調査。

 


スポンサードリンク

 

朴鐘顕について

 

朴鐘顕は41歳。
1999年に講談社に入社している。

 

最初は、週刊少年マガジン副編集長、
「別冊少年マガジン」創刊の責任者もしていた。
漫画雑誌「モーニング」の編集次長も担当。

 

仕事の姿勢は、相手に対し理論的に詰めるので、
冷たい感じのする人物という評価もあったようです。

 

そんなやり手の敏腕編集者も、自宅では
妻に頭が上がらない様だったとも言われていた。

 

昨年の11月末頃から会社を休んでいたとか。

 

講談社の関係者からの評判では、
「驚異的な仕事ぶりの半面、心の奥に見えない部分がある人」
という評価も出ている様です。

 

でも、こういう方って良くいますよね。
仕事はとってもできるけど、どこか冷たくて、
一緒に仕事がやりたくない人という人が。

 

この朴鐘顕はどうか知りませんが・・・

 


スポンサードリンク

 

妻の佳菜子さんとの仲は

 

前出した記述で、
「自宅では妻に頭が上がらない様だった」とか、
夫は「帰宅後、妻と会話をした」と言ってます。

 

察するに・・・
夜中に帰宅し、いつも遅いので
この夜、妻の佳菜子さんはぶちぎれてしまい、

 

状況は「妻と会話した」という程度ではなくて
相当な激しい言い合いになってしまったのではないか、
それでカッとなって・・・やってしまったのではないか。

 

私管理人の勝手な推測ですが、
職場では実力者なのに、家に帰れば
怒鳴られたりしていたという事であれば、

 

とうとう頭に来て、思い切ってガツン・ギューと
やってしまったのかも知れません・・・

 

いつもは理路整然と詰めた会話をしていても、
ずーっとそうしていられなくて、その内うっぷんが溜まって
時には爆発してしまう事もあるのではないでしょうか。

 

今回は、そんな状況であったのではないかと感じてます。

 

自宅の場所は

 

東京都文京区にある一軒家という事ですが、
詳細は不明のため、特定することはできませんでした。
情報を追及していきたいと思います。

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク