与謝野信(まこと)氏の経歴やFacebook!画像や家族も調査

 

与謝野 信(やさのまこと)という方が千代田区長選に
自民党からの候補者として出馬が決定されたとか。
与謝野馨(かおる)元官房長官にあたる方だそうです。
この方の情報がほとんどないので、調べてみました。
都議会自民党ドン内田氏と小池氏の代理戦争が本格化に。

 

与謝野 信(まこと)氏の経歴Facebook
画像家族も調査。

 


スポンサードリンク

 

与謝野 信氏の経歴やFacebook

 


与謝野 信氏のFacebook
Facebookはすぐに見つかりました。
が、今現在は、すでに削除されてます。

 

与謝野 信氏は民間の金融機関に勤めているとの事。

 

 

この画像は、2014年11月8日(土)に楽天証券が
東京都千代田区のJA共済ビル カンファレンスホールで
「楽天証券ETFカンファレンス2014」を開催した時の
講師として出席した場面の写真です。

 




出典先:金融&IT業界の情報ポータルサイトgoodway

 

このイベントは、資産運用やETFに精通する講師陣やETF運用会社の
スペシャリストを迎えて、個人投資家向けに開催したとか。
この中で、与謝野信氏も講師として講義をされています。

 

<参考>
ETFとは
ETFとは、証券取引所に上場し、株価指数などに代表される指標への
連動を目指す投資信託で、「Exchange Traded Funds」の頭文字をとり
ETFと呼ばれています。たとえば、ETFの代表的な商品として、「東証株価指数(TOPIX)」に
連動するETFがあります。
TOPIXとは、東京証券取引所によって発表される、東証第1部の全銘柄の
動きを反映した株価指数のこと。
このTOPIXに連動するETFは、TOPIXの値動きとほぼ同じ値動きをするように
運用されます。
つまりこのETFを保有することで、TOPIX全体に投資を行っているのと
ほぼ同じ効果が得られます。
出典先:投資信託協会

 

 

与謝野 信氏の経歴

ソシエテ ジェネラル証券
オルタナティブ プロダクト部 ディレクター

ケンブリッジ大学経済学部卒業後、
1999年ソシエテ ジェネラル入社。
東京支店、香港支店にて株式デリバティブの商品開発に従事。
2009年から2012年までリクソーパリ本店にて
ETFおよびマルチアセットファンドのファンドマネージャー
として運用部門に所属。
現在、日本におけるリクソーの商品開発責任者を務める。

 

ソシエテ・ジェネラルは、フランスのメガバンク。
長期融資中心を目的に設立された。フランス国内のみならず、
世界約80カ国以上に事業展開しており3300万人の顧客を抱える、
同国第二位の銀行。
主な事業内容は、個人・企業向け金融サービス、資産運用・
プライベートバンキング、投資銀行業務である。
Wikipediaより引用・抜粋

 


出典先:楽天証券ETFカンファレンス2014:楽天証券

 


スポンサードリンク

 

家族は

 

家族の情報は、見あたりませんでした。
追情報を調査します。

 

ネット上に、「与謝野まことのブログ」という
アメブロでのブログがありました。
すでに退会している様で、中身は何もありません。
こちらです→http://ameblo.jp/m-yosano/entrylist.html

 

残っていたものと言えば、

お住まいの地域:東京都
自己紹介:現在外資系証券で働いています。
     中学生の頃から日本と海外を行き来していました。
      父の転勤…

という文言だけです。

 

今回の政界進出のために、
余計な情報は削除しておこうとした措置では、
ないかと思われます。

 

1/10現在、すでに削除済です。

 

今後の千代田区長選の行方は

 

千代田区長選は1月29日告示、2月5日の投開票となる。

 

与謝野 信氏の区長選出馬に関し、
氏本人も「信氏から『区長選に出たい』という話を聞いており、承知している」
との事。

 

<速報>

与謝野馨元財務相のおいで会社員の与謝野信氏(41)は13日、
東京都内で記者会見し、任期満了に伴う千代田区長選に無所属で
出馬する意向を表明した。
自民党都連が推薦する。

 

与謝野氏は会見で「伯父が長年お世話になった千代田区に
恩返しできる機会をと思い出馬を決意した」と述べた。

 

となると、
現職の石川雅己区長が5選を目指し無所属で立候補を表明し、
小池都知事は石川氏を「東京大改革」の同志として支援をしており、
すでに2人が並んだツーショットポスターも準備済み。
石川氏は小池知事の政治塾で講師を務めるなどをしている。

 

それはこのお二人の「代理戦争」が決定する事になります。

 

 

今夏の都議会議員選挙の勝敗を占う、重要な千代田区長選挙に
なるため、ドン内田氏と小池氏の代理戦争がここで大激突する事に
なり、strong>大激戦になることは必至。

 

13日の小池都知事の記者会見で、与謝野 信氏の側について
「恐らく相当な組織戦をするだろうと予想してます」
語っていました。

 

もちろん、ちゃんと想定して石川雅己氏の勝利のための
方策を今の風も読み、確実な勝率の計画を立てているはず。

 

いくら叔父の与謝野 馨氏の力をバックに戦いを進めても、
この小池氏の追い風の時ですから、今の自民党では勝ち目は
ないかも知れないという声も・・・・

 

 

私的考察

私の勝手な憶測ですが、
与謝野 信氏の頭の中は、この千代田区長選で名前を売っておいて、
衆議院選挙の立候補するというのが、メインではないかと思います。

 

見ててください。
今の時期からして、この千代田区長選は、
日本国中が注目する台風選挙になるはずです。
嫌でも皆の耳に「与謝野 信」の名前は焼き付くはずです。

 

それこそが与謝野 信氏の狙うところなはず。
そして、衆議院選挙に立って、国会議員になる
というスケジュールが組まれているはずです。

 

毎日新聞が実施した全国世論調査で、次の衆院選はいつか・・に対し
来年との回答が38%で最も多く、今年は27%だったとか。

 

その時までの名前を知れ渡らせられる大きな選挙は
この千代田区長選が一番なはずです。

 

この方の経歴からして、都議会議員などでは満足するはずもなく、
もっと大きな立場でやりたいはずでしょうから・・・
そうなれば、やっぱりこの時期を逃す手はないと
判断したのではないかと推測できます。

 

千代田区長選は勝ち目がない事くらい、
とっくに分かっているはず。
当選しなくたっていいのです・・・
「与謝野 信」の名前が浸透さえすれば
いいのですから。

 

楽しみに見ていたいと思います。

 

【関連記事】五十嵐朝青氏のプロフィールや経歴とフェイスブック!千代田区長選

 


スポンサードリンク


スポンサードリンク