生き返る冷凍どじょうの値段や販売会社のタカミヤとは?蘇生動画も

画像提供:ねとらぼより

 

「ごく稀に生き返る場合がございます」という注意書きのある
釣り餌用の冷凍どじょうがTwitter上で話題になってます。
株式会社タカミヤ(福岡県北九州市)が販売しているものです。

 

どうして冷凍どじょうが生き返ることがあるのか、その理由製法
値段や販売会社のタカミヤとはどんな会社なのか、蘇生の動画
調べてみました。

 


スポンサードリンク

 

冷凍どじょうの生き返る理由や製法、値段

 

%e7%94%9f%e3%81%8d%e8%bf%94%e3%82%8b%e5%86%b7%e5%87%8d%e3%81%a9%e3%81%98%e3%82%87%e3%81%862
画像提供:ねとらぼより
 

この「ごく稀に生き返る場合がございます」という注意書きを見た人は
   ええーっ ナヌ~ 生き返るだとー ?
 
って、驚いたことでしょうね。
 
私管理人もこのニュースを知った時は、ありえへん・・・こんな事が。
と、反発したくなりました。
 
 
最初に記事を読んだとき、食用かと思いました。
まさか、食べようとして袋から出して、少し解凍してたら
動いてきた~なんて事態になったら、飛び跳ねてビックリしちゃいますよね。
 
でも、
 

一般的な食用ではなく、あくまで釣り餌用のものですが、

 
との事なので、ほっとしましたが、
それにしても驚きました。
 
でも実際のところはどうだったんでしょうか。
 
 
販売会社の説明では、
 

企画の段階で生きたまま急速冷凍したところ仮死状態だったものがいたようで、
自然解凍後に動いたものが少数いたんです。
お客さまにお使いいただく時に突然動くと驚かせてしまうと思い、念のため
記載しています。

 
ということですが、その方法にも原因があるのではないのでしょうか。
 
その方法についても、記述がありました。
 

生きたまま急速冷凍です。だから鮮度バツグンです!

 
残酷の様な気もしますが、急速冷凍のやり方は、こんなものなのでしょうね。
 
だから鮮度もバツグンで、時には生き返るどじょうさんもいるのでしょうね。
凄い技術です。
 
ちなみにこの商品の値段ですが、
店舗標準価格 297円 だそうです。
そんなに高い価格のものではないようです。
 
三匹入ってこの値段ですから、
だいたい一匹100円くらいという事になりますね。
 


スポンサードリンク

 

販売会社のタカミヤとは

 
%e5%85%ab%e5%b9%a1%e6%9c%ac%e5%ba%97
ポイントの八幡本店
 
%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e9%b9%bf%e5%85%90%e5%b3%b6%e4%b8%8e%e6%ac%a1%e9%83%8e%e5%ba%97
ポイント鹿児島与次郎店
 
株式会社タカミヤは、福岡県北九州市に本社がある日本の釣具の直営小売チェーン店。
店舗名は「釣具のポイント」という名称で営業している会社です。
 
・本社所在地:〒805-8539
       福岡県北九州市八幡東区前田字企業団地1-1
・設立:   1963年(昭和38年)1月
・業種:    小売業
・事業内容: 釣具、アウトドアスポーツ、レジャー用品の大型小売店の
       直営並びに製造・卸売、フィットネスクラブの運営
・代表者: 高宮俊諦(代表取締役会長)
      上田桂嗣(代表取締役社長)
・資本金: 9,000万円
・売上高: 202億円(2015年度)
・従業員数:809名(2016年4月現在)
 
%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%81%ae%e5%a3%b2%e5%a0%b4
店内
 
  (Wikipedia 株式会社タカミヤ より引用・抜粋)
 
釣り具や関連商品を販売している会社では、大手なのでしょうね。
従業員が809名もいるということですから。
 
 
蘇生動画もありましたので観てみましたが、
本当なのですね。
 
驚きです。
こんなことが現実にあるなんて、不思議な気がしてきました。
 
よく、SF映画で冷凍の様な冬眠状態にして、星間飛行する場面がありましたが、
まさにこの理論というか、仮死状態にしてある期間保存し、期日がきたら
蘇生させて活動するという事が現実味を帯びてきているのですね。
 
さかなクンだけでなく、もうすでに人間くんにも、適用されている
ところもあると、何かの番組で見たことがあったかも・・・
と薄っすらした記憶が戻ってきました。
 
それでは、さかなクンの冷凍から蘇生の画像です。
 

 


スポンサードリンク